業界最安値?のウルトラプリントについて考えてみた

どうも。一時間くらいなら仕事中にカラオケに行ってもバレないんじゃね?と思い始めた社内ニートのさくおかです。

本日はウルトラプリントという印刷し放題のサービスの営業の方がいらっしゃったので本当に安くなるか現状と比較して考えてみました。

ultraprint
『ウルトラプリント』業界最安値を武器にしているサービスです

印刷し放題の新サービス『ウルトラプリント』

このご時世ですから「〇〇放題」と聞くと必ず裏があるのだと真っ先に疑ってしまいますよね。

実際に営業に来られた方にも「あなた方のメリットは?」と聞いてみましたが「利用していただけるのならそれがメリットです」的な営業トーク全開のことを言われましたw

 

インク代、保守料金完全無料!!

まずリース契約とかのカラー印刷ってだいたい1枚当たり25円くらいかかります。高いですよね。

しかしこのウルトラプリントは独自のインクシステムで費用を抑えていると言うのです。ちなみに海外では結構一般的なインクシステムらしいです。どこが独自なのでしょうかwww

その独自のインクシステムを持ったプリンターごと貸し付けて、カラープリント使い放題・インク代・メンテナンス代などすべて含めて月5,000円から提供しているというのです。

 

業界最安値!月5,000円から

それだけ聞けば「ならうちの会社もそれにしたらお得だ!」と思うかもしれませんが、『月5,000円から』ですので当然それ以上の金額も存在するわけです。

ultraprint2.png
ライトプラン・使い放題プランが存在します

上記のように、A4サイズのライトプランであれば5,000円/月は可能です。

現在高いリース料を払っていて、「月間で1,000枚以下、A4しか印刷しないよ!」という会社ならすごくお得になるかもしれません

 

契約期間の縛りなし

これはすごく魅力的ですね!普通のリースならだいたい5年契約が多いのではないでしょうか。その縛りがないのでお試しに1・2か月契約するのもありかもしれません。

 

 

ホントにお得なの?

こういった話って実際に現状と比較してみるのが一番なので、ざっとでも構わないので実際の請求額から計算してみましょう。

利用の仕方次第では会社の経費もざっくり削減できるかも。

 

ポンコツ社員が在籍中の当社の場合

テキトーに比較表を作ったので参考までに載せたいと思います。

ultraprint-hikaku1
表1:現在の利用状況

ある1台の複合機なのですが、3か月に1回請求が来ます。この表1は過去1年分のデータです。現在年間で12万円。月々1万円くらいの使用をしています。金額の比率としてはカラーの印刷費が60%を占めています。

 

ultraprint-hikaku2
表2:同条件の場合のウルトラプリントとの比較

現状の複合機がプリント、コピー、スキャン、FAXなどすべて使えるものなのでウルトラプリントでこの機能を持つプランにすると、ウルトラプリントでは月に1万8千円かかります。なので3か月で5万4千円、年間で21万6千円です。同じ条件だと9万円ほど高くなってしまうわけですね。

定額なので、あまり利用しない月が続いても3か月で5万4千円です。当社との比較では03/11-06/10の期間の差がえげつないですね~。

 

ultraprint-hikaku3
表3:カラーのみをウルトラプリントで使用

では営業の方も言われていた通り、カラー印刷のみをウルトラプリントでやってみたらどうでしょう。当社のカラー印刷分をウルトラプリントに変更すると年間で2万4千円くらい安くなるという結果になりました!!全てA4サイズであることが前提ですが、削減できそうですね。

 

ultraprint-hikaku4
表4:A4サイズの印刷をウルトラプリントのライトプランで行った場合

次にA4サイズの印刷を白黒もカラーもウルトラプリントで行い、他のA3やB4などを現状の複合機で行う場合を考えてみました。ライトプランでプリントアウトのみという条件だとウルトラプリントは3か月で1万8千円です。

この表4では表2の印刷総数13,660枚からA4サイズの印刷率を80%と想定して算出し、現状の複合機とウルトラプリントにそれぞれ使用枚数を割り振っています。

すると年間の請求額は10万円弱となりました!

しかし注意が必要です。月間1,000枚を超えるとその月は金額が倍になってしまいます!当社では超える可能性が高いのでかなり注意しないといけません。

 

ultraprint-hikaku5
表5:最安値比較(年計算)

最終的にこうなりました!現状の複合機とウルトラプリントを上手に使い分けると3万円弱。つまり甘く見積もって約25%の削減ができるということですね。これはすごいことですよ!

まとめ

上手にカラー印刷とその他の印刷を使い分ければ削減できるという結果になりました。少し細かいことを言うとライトプランは初期費用が1~3万円かかるらしいのでそこは注意が必要です。

しかしながら、会議資料やお客様への提案資料などでカラー印刷を多用している会社や多用したいけど我慢している会社にはかなりいいサービスだと思います。当社ではそれがないので残念ながらあまり大きな効果はありませんでした。

 

以上を踏まえ当社で出した結論は・・・

⇒多少安くなるが、印刷機を増やすことや印刷するプリンタを分ける設定と周知の煩わしさのデメリットが削減額に合わないため当社では導入しない方がいいと思われる。

です。

 

このページを見て少しでも参考になったら嬉しいです。ではまた。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中